家の借り方

一人暮らしの初期費用|初期費用はいつ払う?

nicocha|女性だけの不動産屋 一人暮らしを始めるときに気になるのがお金のこと。

特に、契約のときにかかるお金は、かなり高額なので、

いつ、いくら払うのか、しっかり確認しておきたいものです。

 

今日は、わかりにくい初期費用の支払いタイミングや内訳についてご紹介していきます。

初めての一人暮らしをする方は、必見!お部屋探しをする前に、

しっかり確認してから、一人暮らし生活の妄想を始めていきましょう(笑)

 

 

 

一人暮らしに必要な費用

一人暮らしには、いろいろとお金がかかります。

 

■ 敷金

■ 礼金

■ 仲介手数料

■ 鍵交換代金

■ 火災保険料

■ 保証会社利用料

■ 前家賃

 

などなど。

 

【関連記事】

一人暮らしの費用の謎|礼金とは?

一人暮らしの費用の謎|敷金とは?

一人暮らしの費用の謎|敷金償却とは?

 一人暮らしの費用の謎|更新料とは?

一人暮らし費用の謎|水道代のしくみと節約術

 

 

目安としては、賃料の5ヶ月~6ヶ月程度が

初期費用としてかかるといわれています。

つまり、7万円のお部屋だと、35万円~42万円程度必要となるのが相場。

このお金をいつ払うか?というのが気になるところです。

 

 

初期費用はいつ払うのか?

お申込み → 審査 → 契約

 

初期費用は契約手続き前にお支払することが通常です。

だいたい、お申込みから審査結果が出るのが

長くても1週間程度。そこから契約手続きも1週間~2週間程度で

進んでいきます。

 

このため、契約金は、お申込みから

10日~2週間程度の間に必要となります。

 

 

社会人の方だと平日に振込み手続きをしなければならず、

契約手続き前は、バタバタすることも多いです。

 

かなりまとまった金額が、数週間後に支払ってください、

と、請求が届くので、何も知らない方だと

驚く方もいらっしゃると思います。

 

 

ただ、不動産という、

1部屋には1人しか住めず取り置きができない

商品だからこそ、このスピード感で

物事が進んでいくのだと思います。

 

なかなか他にはないので、驚くのも無理はないですね。

 

お部屋探しのときに、契約金がいくら程度かかるのかも

確認し、お金を貯める必要がある人は、

一人暮らしのタイミングを見直さなければならいかもしれません。

 

お部屋だけでなく、契約手続きもしっかりしませう。

 

 

 

■ 一人暮らしを始めたい方は、こちら

>>女性だけの不動産屋nicocha